腰痛になる原因を見極める

ヘルニアのことを知ろう

腰椎椎間板ヘルニアという種類の腰痛があります。
腰に負担を与え続けていると、腰椎椎間板ヘルニアを発症することが多いです。
スポーツが原因で、腰椎椎間板ヘルニアが起こります。
ですから若い人でも発症するリスクがあると、覚えておきましょう。
また重い荷物を持ったことで腰に負担が与えられることもあります。
荷物を運ぶ仕事をしている人は、腰椎椎間板ヘルニアに気をつけてください。

また腰が弱ることでも、腰椎椎間板ヘルニアを発症します。
人間は誰でも、年齢を重ねると身体のいろんな部分が弱くなってしまいます。
高齢者は特に、腰痛に気をつけて生活を送らないといけません。
腰椎椎間板ヘルニアが悪化したら、排尿障害が出る可能性があります。

歩いている時に痛みを感じる

歩いている時に、腰に痛みを感じることがあります。
少し休憩すると回復する場合は、腰部脊柱管狭窄症だと判断されます。
この腰部脊柱管狭窄症は、脊柱管がもともと狭い人が、高齢になってさらに脊柱管が狭くなり、痛みを感じるようになるために起こります。
患者のほとんどが50代や60代の高齢者ですが、まれに若い人も見られます。
休むと回復すると言われますが、人によって回復するスピードが変わります。

10分程度休めば回復する人もいますし、悪化している人は30分以上経過しないと再び歩くことができません。
薬物療法や、腰にコルセットを巻くことで症状が緩和されます。
歩いている時に痛みを感じたら、腰部脊柱管狭窄症である可能性が高いのですぐ病院へ行きましょう。


この記事をシェアする